当院では部分入れ歯・総入れ歯の治療についても実績がございます。現在の入れ歯が合わない、よく外れる、痛み、違和感がある…等々、修理・調整から新規製作までお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

入れ歯の種類

保険の入れ歯(レジン床)

レジン床

当院では保険のプラスチック製の入れ歯でも、しっかりお作りしております。厚みが出るのが難点ですが、比較的修理しやすいという利点も持ち合わせています。

現在お使いの保険の入れ歯の調子が良くないという方もぜひ一度お問い合わせください。

金属床

金属床

金属床(きんぞくしょう)義歯の最大の利点は「薄く作れる」ので、お口の中にピッタリとフィットし、よく噛める入れ歯をご提供できます。

床の部分が薄いので食べ物の温度もお口の中に伝わりやすくなりご飯が美味しく感じられまます。素材はコバルトクロムやチタンを使用します。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

通常の部分入れ歯は入れ歯を固定するための引っかける金属バネが必要ですが、ノンクラスプデンチャーは引っかける部分も歯ぐきと同じピンク色の樹脂で作られているため、お口を開けた時など見た目が自然です。別名「エステティックデンチャー」とも呼ばれます。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根の頭に金属のプレートを取り付け、入れ歯に付いている磁石の力で入れ歯を固定する方法です。磁性アタッチメント義歯とも呼ばれ、強固に固定され、かつ取り外す時は簡単に外すことができます。ずれにくい外れにくい入れ歯をご希望の方はご相談ください。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントで固定する入れ歯

インプラントで固定する入れ歯です。人工歯根であるインプラントを埋入し、それを固定源にして入れ歯をしっかりと固定します。

⇒インプラントについて

入れ歯はどの素材がいいか?

初めて入れ歯を体験する方は保険の素材を

保険の入れ歯

今まで入れ歯を使ったことがない方は、まず保険のプラスチック製入れ歯をおススメしています。それは、例えどんな良い自費材料の入れ歯を最初から使っていただいたとしても、その比較ができず、自費入れ歯の良さが分からないことが多いためです。

まず保険の入れ歯自体に慣れていただいて、ある程度使っていただけるようになってから、さらに「もっと噛みたい」とか「もっと薄くて違和感の少ない物がいい」「審美的にキレイなのがいい」等、そういったご要望が出てきたときに、初めて自費の入れ歯を考えましょう、という風にご説明しております。

大阪院では「あそこの入れ歯は良い」と口コミで多くの患者さんがお見えになられていました。部分入れ歯・総入れ歯などでお悩み・お考えの方はお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

03-3432-0648

【平日】10:00~14:00 / 15:30~20:00
【土曜】10:00~15:00(昼休みなし)
【日祝】休診日

JR線など各路線「新橋駅」5分
各線「汐留駅」6分

〒105-0004 東京都港区新橋5-8-2

診療時間

【土曜】10:00~15:00(昼休みなし)

各路線駅のアクセスはこちらから